2018.07.09
面接・GD対策

ギリギリ癖は直しておくべき!転職・就活の面接は何分前到着がベスト?

転職・就活の面接は何分前に到着していることが理想でしょうか?

5分前?10分前?30分前?

 

10時から面接だから10時につけばいいんじゃない?なんて思っている人はいないですよね?

 

今回は、面接への理想の到着時間と、面接に間に合わない時の対処法、面接前の事前準備などをまとめて紹介します。

面接前から面接は始まっています。「きちんとした人」という印象を与え、面接担当者の信頼を勝ち取り、就活・転職の成功を収めましょう。

1.面接への理想の到着時間は10分前!

転職・就活で企業へ面接に行く際には、10分前には到着しておきたいところです。遅くても5分前厳守でしょう。

この5分~10分前は、面接の場に到着している理想の時間です。

面接先企業の建物には遅くとも15分前に到着するように出発しておくことがお勧めです。面接先企業がすぐにわかる場所に受付があるとは限りません。

建物に入ってから迷ってしまう可能性は0ではないのです。

迷っているうちに面接の時間になってしまった!ということが無いように、少し早めに建物につくようにしておきましょう。

事前に駅のトイレなどで、トイレを済ませ、身だしなみの最終確認できるくらいの余裕が持てるくらいの時間に到着していると安心ですね。

 とはいえ、早く着きすぎるのもNG!

時間前の到着は当たり前とはいえ、30分~1時間前に面接先に到着するのは控えましょう。

面接をする企業の方は、面接だけが仕事ではありません。

面接の予定をタスクに加え、他の業務を行っています。この時間に面接があると考えて仕事を進めているわけです。

早く着いたので早く来ました!と言われても、ちょっと迷惑という顔をされる可能性大です。

あまりにも早く着きすぎてしまったら、近くで時間を潰しながら、心を整えて5分~10分前に面接先を訪ねましょう。

2.大変だ!面接に間に合わない!そんな時は?

遅刻しそうな会社員のイラスト

電車の遅延や、産気づいた妊婦を救助、信号が渡れないお年寄りをサポートなど、道中がスムーズに進む保証はありません。

電車遅延以外はレアケースですが、電車遅延はあり得ます。

緊張から途中でとんでもない腹痛に襲われる可能性も無きにしも非ずです。

このように、面接に遅刻してしまいそうな時は「早めの連絡をしておきましょう。

遅刻しそうという事がわかった段階で、面接担当者へ電話連絡をします。

この際に、遅刻する理由、到着予定時間をしっかりと伝え、謝罪しておきましょう。

場合によっては面接日程が変更になる可能性があります。

電話連絡をする際には、「申し訳ありません、電車が遅れているため到着が〇分頃になります。本日このまま面接をお願いしてもよろしいですか?」と確認しておくとよいでしょう。

体調不良等により面接に行けなくなってしまったら?

当日の体調不良などで面接に行けないという事態になってしまった場合も、なるべく早く連絡しておきます。

事前にどうしても都合が悪くなってしまった場合には、分かった時点で連絡をしておくようにしてください。

3.面接は前準備から始まっている!

面接当日に慌てることのないように、事前準備をしっかりと行っておきましょう。

スマホを有効活用して、これらの情報をしっかりまとめておきましょう。そして、スマホを忘れる、財布を忘れる、ICカードを忘れるということの無いように、持ち物チェックもしっかりとしてくださいね。( ICカードのチャージも忘れずに!)

まとめ

面接の到着時間も採用担当者は確認しています。社会人にとっては時間を守るということは当たり前です。時間管理をきちんとできる人は仕事がきちんとできる人という印象を与えることが出来ます。

できるだけ余裕をもった行動をしましょう。やむを得ず遅刻をする場合には早めに担当者に連絡をしてください。

ただ、電車の遅延は遅延が起こると仮定して行動しておくことが大切です。

あわせて読みたい記事