2018.08.22
面接・GD対策

転職の面接で聞かれる内容ってどんなこと?面接で聞かれやすい5つの質問

近年、従来の終身雇用をもとにした働き方ではなく、転職によってキャリアップをすることを考えている方が増加しています。それは、自分が本当にやりたかった仕事に就きたかったり、もっと自分の実力を活かせる仕事に就きたかったりと動機はさまざまです。

しかし、多くの人が転職を未経験なために、転職が上手くいかないケースも多いようです。特に中途採用の面接では新卒採用の面接とは求められていることや、聞かれることが若干異なるために、上手く答えられないのかと思います。

そこで今回は、転職する際の面接で聞かれやすい質問について、まとめてみました。

質問1:なぜ転職をしたいのですか?

なぜ自分が転職をしたいのか、なぜ今の職場のままではだめなのかを明確にしておくことは重要です。もし、動機が曖昧なまま転職しても、新しい職場も長続きしない可能性があるからです。

また、転職理由が前向きなものではなく、「前職の人間関係が嫌だった」「前職が忙しすぎた」といった理由は適切ではありません。

採用担当者に消極的な人だと思われてしまうからです。採用担当者は応募者が強い意志をもって転職を考えているのかを見極めようとします。

そのため、面接でしっかりと質問に答えらえるように、事前に言うべきことを整理しておくようにしましょう。

質問2:前職で得たスキルは何ですか?

中途採用の場合は、新卒採用とは違い、即戦力としての人材が求められます。そのため、応募者が現在どのようなスキルや経験を持っているのかというのは、転職の際には大きな基準となります。

面接の際には、自分の持っているスキルを採用担当者に最大限のアピールをする必要があります。

そのために、前職で自分が得たスキルや経験は何なのかをしっかりと整理しておきましょう。

また、それらが新しい職場でどのように生かすことができるのかを考え、採用担当者に自分を採用することで得られるメリットを正確に伝えることができるかが成功するための大きなカギとなります。

質問3:なぜ弊社を志望したのですか?

数ある企業の中で、なぜその企業を選んだのでしょうか。

ただなんとなく選んだだけでは、長続きしません。採用担当者もしっかりと業界や企業を分析したうえで、熱意をもってその企業を志望している人に入ってほしいと考えています。

採用担当者にその企業に対する熱意を伝えるために、その企業独自の強みや業界での立ち位置を把握し、なぜ自分がそれに惹かれたのかを説明できるようにしておきましょう。

質問4:あなたの強みは何ですか?

新卒採用でも同じですが、中途採用であってもその人の人柄はそれなりに重視されます。

そのため、自分の人柄を客観的にもう一度把握し直すことが重要です。自分の過去を振り返って、問題解決などの際にどのように行動したのかを振り返ってみましょう。また、組織の中で、どのように組織に貢献したのかも重要です。

そこから導き出された自分の強みを明確にしたら、それを裏付けるためのエピソードも用意しておきます。

最後にその強みが新しい職場でどのように生かされるのかを説明できれば、成功の確率が高まります。特に、中途採用の場合は、仕事の上での人柄も重視されます。そのため、プライベートというよりは、仕事を意識した強みを考え、エピソードも仕事の上でのものを用意しましょう。

質問5:将来、仕事で成し遂げたいことは何ですか?

その人は採用したら、どのように働いてくれるのかも採用担当者は意識します。採用担当者は応募者に積極的に働いてほしいと思っているため、将来のビジョンを持っているか、それが自社に合っているのかを判断します。

そのため、自分が新しい職場で何を求め、何を成し遂げたいのかを明確にし、志望する企業でそれを成し遂げられるのかを考えましょう。そして、面接ではしっかりとそれを説明し、仕事への熱意をアピールしましょう。

まとめ

中途採用の面接は、応募者の人柄に加えて即戦力も求められるため、なぜ自分を雇うべきなのかをしっかりと整理する必要があります。

しかし、面接で聞かれる内容などの企業であっても似ていることが多いです。そのため、いかに事前準備をしたかが、転職を成功させるためには重要です。

事前準備さえしていれば、転職が成功する可能性が一気に高まります。これから転職を考えているという方は、ぜひ自己分析や過去の体験の整理などからはじめて、聞かれやすい質問への回答の準備など、しっかりと対策を立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事