2018.12.01
就職活動マナー

伝えづらい内定辞退はいつまでに伝えたら良いのか?内定辞退を伝えるタイミング・伝え方

伝えづらい内定辞退はいつまでに伝えたら良いのか?内定辞退を伝えるタイミング・伝え方

内定辞退は、「希望する業種から内定もらえた。」「家族に地元で働いて欲しいと言われた。」など様々な理由によって・どうしてもしなければならないものです。しかし、「内定辞退はいつまでにしなければいけない」という具体的な期限が決まられていないことが多いです。だからこそ、内定辞退を伝える事が難しいですよね。今回は、内定辞退を伝えるタイミングと内定辞退の伝え方の基本について解説します!

1.いつまでに内定辞退を伝えれば良いのか

大学生のホンネ:入社式のちょっと前までに内定辞退しちゃだめかな?

内定辞退が許させる・無難な期限の目安は、内々定が出た月です。内々定が出た段階で、会社から内定承諾書を提出するように求められていることが多いからです。承諾書を提出すること=契約を結ぶことと考えられているので、承諾書を提出する前に断るようにしましょう。

内定が出された後の・内定辞退ベストなタイミングは、内定が出された5日以内です。内定を出した後、会社は内定者のための入社準備を行っています。そのためにも、一日でも早く連絡するのが良いです。(法的には入社2週間前までに内定辞退を伝えればよいという事になっていますが、企業の準備のためにも早めに内定辞退を伝えるのがマナーです。)

もしどうしても内定辞退にしようか悩んでいる場合は、「内定保留」ができるかどうか企業に相談してみましょう。

☆ちなみに・・・

・居酒屋で飲み会を予約していたけどキャンセルする場合、店側が許せるタイミングは予約日3日前(それ以降はキャンセル料発生する事が多いそうです)

・友達との遊び・デートの約束をキャンセルする場合、相手側が許せるタイミングは予定日3日前(一週間前でも「ドタキャンだ!」という人もちらほら…汗)

・アーティストのライブにて、天候不良などで中止を伝えるタイミングは早くてライブ当日の2日前(時々、大人の事情で当日ライブ中止が発表になる事も泣)

内定辞退も、楽しい事のキャンセルも、早めに伝える事が重要ですね…。

2.内定辞退をどのように伝えればよいのか

☆大学生のホンネ:内定辞退、メールで簡単に済ませたいけど・・・

内定辞退を伝える場合の連絡手段は、電話を使用することが原則です!連絡を入れるタイミングは休日・出勤直後・退勤直前・昼休憩の前後は避けるようにしましょう。

電話を入れ・担当者が出た場合は、「ただいまお時間を少しいただいてもよろしいでしょうか?」と確認してから本題に入りましょう。

本題である内定辞退を伝える際は

「先日は内定のご連絡を頂き、ありがとうございました。大変申し上げにくいのですが、御社から頂きました内定を辞退させていただきたく、連絡させていただきました。」と丁寧に言いましょう。

もし内定辞退の理由を聞かれた場合

「実は当初から強く希望していた業界・職種から内定を頂いたため、勝手ながら辞退させていただくことにいたしました。」「家族と相談し地元企業に就職することを決めたため、勝手ながら辞退させていただくことにいたしました。」というように伝えると、会社側は「引き留めることはできないな」と納得してくれることが多いです。

電話の最後は、「大変ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。何卒よろしくお願いいたします。」と締めましょう。

3.内定辞退を伝える際、気を付ける事

・丁寧な姿勢・態度で接する

企業から内定を頂いたという事は、企業はあなたの能力や個性を評価し・必要としていたと言えます。そのため、内定辞退は「感謝と謝罪の気持ち」を誠意もって伝える事がとても大切です。言葉使い・態度に気を付けながら、伝えるようにしましょう。

・ぶれない心を持つ

内定辞退を企業に伝えた際、企業側から「もう一度考え直してくれないか」と言われることがあります。つい情に流されてしまいそうになりますが、情に流されてしまうと更に状況が面倒になってしまうことが多いです(引き留められ・結局働いたが、後悔した等)。「内定辞退するという気持ちは変わらない」と強く意思をもって・丁寧に接しましょう。

おわりに

内定辞退は、申し訳ないという気持ちが大きく持ってしまい・なかなか伝えづらいものであります。しかし、企業側は内定者のために沢山の準備を行います。そのため内定辞退を遅く伝えるのは、企業側に大きな迷惑をかけてしまいます。内定辞退はなるべく早く・丁寧な姿勢と態度を持って行いましょう!

あわせて読みたい記事