2019.06.12
就職・転職事前対策・準備

転職エージェントを複数登録や掛け持ち利用の注意点とは

転職エージェントを複数登録や掛け持ち利用の注意点とは

「転職エージェントの複数登録や掛け持ち利用はしても良いの?」

転職エージェントを使い始めたとき、このような疑問を抱く方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言いますと、転職エージェントを複数利用や掛け持ち利用は問題ありません。

楽しく長く働くためには、選択肢を増やすことは良いことであるといえます。

しかし、転職エージェントを掛け持ち利用する際に注意しなければならいポイントも幾つかあります。

今回は転職エージェントの複数利用・掛け持ち利用に関するメリットやデメリット、注意点などを紹介します。

1.転職エージェントとは

転職エージェントのエージェントとは『代理人』という意味です。転職エージェントは求職者と企業を引き合わせるお仕事をしていますが、求職者は無料で利用できることが多く、企業が転職エージェントに費用を支払う形となるため、企業側の代理人という位置に置かれます。

依頼を受けた企業のニーズに合った人材を探し、面接などのセッティングを行います。

また、履歴書や職務経歴書、面接に関するアドバイスを受けることもできます。

転職エージェントについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

転職エージェントって何?何をしてくれるの??利用するメリットとは?

2.転職エージェントを掛け持ちするメリット

転職エージェントを掛け持ちするメリットは「より多い求人情報を得ることが出来る」「複数登録・掛け持ち利用をすることで、転職活動の質が上がる」の2点です。

(1)より多い求人情報を得ることが出来る

各転職エージェントは、誰でも見られるよな『公開求人』の他、登録者のみに公開される『非公開求人』、転職エージェントの各担当でしか扱っていない『独占求人』を持っています。

複数の転職エージェントを利用することで、各転職エージェントが所有している非公開求人や独占求人を得ることが出来るため、1つの転職エージェントを利用している場合よりも多くの求人情報が得られるようになります。

独占求人は、転職エージェントと企業の信頼関係が重要なポイントになるため、書類選考なしの面接のみとなるケースも中にはあります。

また、独占求人をたくさん持っているエージェントは企業からの信頼も強いエージェントであるといえます。

(2)掛け持ちをすることで、転職活動の質が上がる

業界・職種ごとに得意な分野や専門的な知識が高いことを強みとしている転職エージェントや面接対策や経歴書の添削等を丁寧にサポートしてくれる転職エージェント、求人の質や求人数の多さを売りにしている転職エージェントなど、各転職エージェントで強みや売りにしているサービスは様々です。1社だけでは補えなかったサポートも転職エージェントを複数登録や掛け持ち利用することによりカバーすることができます。

結果的に自分に合った業界や業種を把握することが可能になり、転職活動の質の向上に繋つながることになります。

履歴書や職務経歴書、面接などの対応を教わったことがないという方も中にはいらっしゃるかと思います。選考に残されるような履歴書・職務経歴書の書き方や面接で良い印象を与えられるポイントを押さえられるという点でも転職エージェントの掛け持ちの利用はお勧めです。

3.転職エージェントを掛け持ちするデメリット

たくさんの求人情報を得ることが可能となり、転職活動の質が向上にも繋がるとなれば、転職エージェントは掛け持ちで利用しよう!という気持ちになりますよね。しかし、メリットの裏にはデメリットが必ずあります。

デメリットもしっかりと把握した上で、掛け持ち利用するかどうかを決めましょう。

(1)転職エージェントとのやりとりが増える

複数の転職エージェントを利用すると、やりとりが増えることがデメリットの1つです。その中でも特に面倒で効率が悪いことが2点あります。

①何度も同じことを繰り返さなければならない。

転職エージェントを利用する際、希望の求人を紹介してもらうための面談やヒアリングを行います。複数のエージェントを利用していると、登録の都度同じ内容で面談やヒアリングを受けなければなりません。

②スケジュール調整が難しい

転職エージェントを掛け持ちしていると、その分求人の応募や面接が増えるので、スケジュール管理が難しくなります。

特に働きながら転職活動している方は、限られた時間の中で日程の被らないようにスケジュール調整をしなくてはならないので、仕事と複数の転職エージェントの管理がより一層大変になります。

(2)情報が増えて混乱してしまう

転職エージェントを複数利用すれば、様々なアドバイスをしてもらうことが出来ますが、各エージェントでアドバイスが異なり、『何が正しくて、何が間違っているのか』の判断が難しくなります。

様々な転職の情報が入ってくるので、混乱してしまうことにも繋がります。

(3)同じ求人を他の転職エージェントから応募してしまう可能性がある

複数の転職エージェントを利用している場合、知らず知らずのうちに重複応募をしてしまうことがあります。

重複応募をしてしまった場合『自己管理が出来ない人』『適当な人』『トラブルを起こす人』という悪印象を企業側に与えてしまいます。良い人材であっても、書類選考の時点でマイナスからのスタートになってしまう可能性があります。

3.転職エージェントの掛け持ちの際に注意すべき3つのポイント

(1)転職エージェントの掛け持ち利用は最大3社までにする

転職エージェントのデメリットにもありましたが、複数の転職エージェントとのスケジュール調節はかなり大変です。

各転職エージェントのサポート内容や得意としている分野などを把握して比較をしてみましょう。最終的には自分のニーズに合った転職エージェントを3社以内に絞りましょう。

(2)掛け持ち利用していることは、きちんと伝える

重複応募を防ぐためにも、各転職エージェントに他のエージェントを利用しているということを伝えましょう。

どの転職エージェントも、自社で転職先を決めてもらいたいと思っています。他の転職エージェントも利用しているということを伝えることで、選考の日程を早めに組んでもらえたり、求人を頻繁に紹介してもらえたりするなどの可能性があります。

(3)悪質な転職エージェントに当たってしまった場合は、すぐに担当を変えてもらう

転職エージェントが様々あるように、担当者も様々です。

転職エージェントは、基本的に成果報酬型、いわば実績が自分のキャリアやお給料に関わるような世界であるので、

中には営利目的で転職をさせようとするような悪質な担当者もいます。

そんな悪質な担当者に当たらないような見極めも必要ですので、悪質転職エージェントのポイントも押さえておきましょう。

【一つでも当てはまったら、悪質転職エージェント!】

☑面談を行わない

☑希望条件とは違う求人票ばかり勧めてくる

☑返事やレスポンスが遅い

☑いきなり大量の求人を出してくる

☑勝手に推薦や応募をする

このような場面に遭遇した場合、速やかに担当エージェントを変更してもらいましょう。

4.まとめ

転職エージェントを複数登録や掛け持ち利用することは、非公開求人や独占求人などを多く得ることが出来る可能性が高まり、転職活動の質の向上にも繋がるというメリットがあります。

しかし一方で、スケジュール管理などが煩雑になってしまうというデメリットもあります。

転職エージェントの掛け持ち利用は、自分の状況に合わせ、管理が難しくストレスにならない程度(2社~3社)の掛け持ち利用がおすすめです。

また、転職エージェントの複登録や掛け持ちする際は、注意すべきポイントを頭に入れておきましょう。転職エージェントを上手に利用して、良い就職活動にしてください!

あわせて読みたい記事