2018.01.11
就職・転職事前対策・準備

OB訪問の必要性を三つの視点からとらえる

就職活動の際に実施する「OB訪問」の必要性とは何でしょうか?

就職活動の準備としてOB訪問の大切さについて知っておくべきです。

1.独自の情報を入手し、企業の本当の姿を見て、自分自身の意志を明確にとらえる

企業の一般的な情報は、ホームページや会社案内、就職情報誌などで知ることができますが、それらは誰もが手に入れられる情報にすぎません。

ライバルに差をつけるためには、それ以上の情報を仕入れ、深い企業研究をしたいものです。

OB訪問は就職活動の大切な過程で、企業で実際に働いている先輩から直に話を聞くことによって、独自の情報を得ることが可能になります。

そのため、より実情を踏まえた対応ができるようになり、最終的に自分自身が企業を選ぶ際の指針としても活用できるものです。

また、志望動機に、先輩との話を通じて会社の魅力をどのようにとらえたかという内容が具体的に述べられれば、印象的でが説得力があり、オリジナリティを感じられるものにすることができます。

2.求められる人材を見極め、働く自分をイメージした前向きな就職活動

OBに会う前に質問を考えておくことは必須ですが、具体的な仕事内容や、仕事をしていくうえで必要とされる能力は何かなどは、外してはならない項目です。

質問を通してどのような人材が求められているのかがわかれば、より有効な自己PRを組み立てることができるようになり、好印象を与えます。

また、仕事への取り組み方や価値観などを聞くことは、自分の仕事に対する考えがその職場で受け入れられるのかを見極めるのにも役立ちます。

さらに職場で働く自分を具体的にイメージできるようになるので、社会人への心構えが整い、働く意欲に磨きをかけられるようになってきます。

3.コミュケーション力をあげて、自信を持って面接に臨む力をつける

学生生活の中では、なかなか目上の人と畏まった話をする機会は少なく、きちんとした話し方や簡潔かつ丁寧に思いを伝える話し方などを意識した会話の経験を積むことは難しいものです

OB訪問は、社会人、ビジネスマンとしての会話力を身につける大きなチャンスの一つです。

面接では普通、かなり年長の方たちと話すことになるので、OBと繰り返し話すことはそのレッスンとしても大変有効です。

特に敬語は、勉強して頭では知っていても、使わなければ実際の場面で正しく口をついて出てくるというものではありません。

OB訪問を実践することで、言葉使いだけでなく、過剰な緊張をしないようにもなるので、面接の本番であわてることなく十分なパフォーマンスを発揮する力をつけてくれます。

あわせて読みたい記事