2019.06.27
就職・転職事前対策・準備

OB訪問の必要性を三つの視点からとらえる

OB訪問の必要性を三つの視点からとらえる

これから就活を始めようとしている人は、OB訪問という言葉をきいたことがあるのではないでしょうか?

OB訪問とは、大学のOB(先輩)に会い・仕事内容や働き方について詳しく聞くことができる機会のことを言います。大学のOBから得られる情報なので信用度があること、「大学の後輩を手助けしたい」という協力的なOBが多いため安心して質問することができるのが、OB訪問の魅力です。

では、そんな「OB訪問」の必要性とは何でしょうか?

今回は、就活を有利に進めることが出来るOB訪問の必要性について解説します!

1.独自の情報を入手し、企業の本当の姿を見て、自分自身の意志を明確にとらえることが出来る

企業理念や事業内容などの企業の一般的な情報は、ホームページや会社案内、就職情報誌などで知ることができます。しかし、企業の一般的な情報は誰もが手に入れられる情報であり・その情報でライバルに差を付けることは難しいです。

ライバルに差をつけるためにも一般的に知られている情報だけでなく、『実際はどんな仕事しているのか』『どんな人が会社で活躍しているのか』といった会社で働いた人にしか分からないような情報を仕入れ、より深い企業研究をしたいものです。

そこで、OB訪問が大切になります。企業で実際に働いている先輩から『実際はどんな仕事をしているのか?』『どんな人が会社で活躍しているのか?』を直に話を聞くことによって、独自の情報を得ることが可能になります。そのため、より具体的に『自分はこの会社で働くとどうなるのか?』をイメージすることが出来、最終的に自分自身が企業を選ぶ際の指針としても活用できるものです。

また志望動機に、『先輩との話を通じて会社の魅力をどのようにとらえたか』という内容を・OB訪問での話・感じたことを踏まえて具体的に述べられれば、採用担当者に『この人は真剣に、この会社で働きたいのだな』という印象を与えることが出来ます。さらに、他の人と似たり寄ったりな文章になりがちな志望動機を、OB訪問での話・感じたことを交えることで・よりオリジナリティある志望動機になります。

2.求められる人材を見極め、働く自分をイメージした前向きな就職活動が出来る

OB訪問は、実際に会社で働いている人にじっくり質問ができる貴重な機会です。このようなじっくり質問できる機会では、『会社ではどのような人材を求めているのか』を把握しましょう。なぜなら、『会社ではどのような人材を求めているのか』を知っておくことで、会社に合った有効な自己PRを作成できるようになり・会社側に『よくうちの会社のことを研究しているな』と好印象を与えます。『会社ではどのような人材を求めているのか』を把握できる質問の内容として、「具体的な仕事内容」や「仕事をしていくうえで必要とされる能力は何か」があります。ぜひOB訪問をした際は、この質問は必ずしましょう。

またOB訪問で、「1日の仕事のスケジュール」や「どんな働き方の価値観をもって仕事をしているのか」なども聞きましょう。これらの質問内容は、「自分の仕事に対する考えがその職場で受け入れられるのか」を見極めるのにも役立ちます。さらに職場で働く自分を具体的にイメージできるようになるので、社会人への心構えが整い・働く意欲に磨きをかけられるようになってきます。

3.コミュケーション力をあげて、自信を持って面接に臨む力をつけることができる

学生生活の中では、なかなか目上の人と畏まった話をする機会は少なく、きちんとした話し方や簡潔かつ丁寧に思いを伝える話し方などを、意識した会話の経験を積むことは難しいものです

そこでOB訪問は、社会人・ビジネスマンとしての会話力を身につける大きなチャンスの一つになります。

なぜなら面接では普通、一回り・二回りもの年長の会社の方たちと話すことになります。そのため年上かつ会社の一員であるOBと会話する機会をふやすことで、敬語の使い方・ビジネスマナーなどの「年上の方とのコミュニケーションの取り方」の練習ができます。

特に敬語は、勉強して頭では知っていても、使わなければ実際の場面で正しく口をついて出てくるというものではありません。

またOB訪問では会社の方と1対1でじっくり会話することになるので、会社の方や目上の人に対して過剰な緊張をしないようになります。そのため面接の本番では、「目上の人とあまり関わったことがないから、面接は上手くいかないかも」とあわてることなく・十分なパフォーマンスを発揮する力をつけてくれます。

まとめ:OB訪問は貴重な情報源・練習場

OB訪問を行うことで、普段知ることが出来ない会社の情報を入手することが出来る、会社の方と接するので・年上の方とのコミュニケーションの取り方も経験することが出来ます。またOB訪問先の会社の方は、大学の先輩であることが多いです。さらに「後輩の就活を助けたい」と思っている先輩が多いので、「OB訪問したいけど、少し緊張する・怖い」という方は安心して・ぜひOB訪問にチャレンジしましょう!

あわせて読みたい記事