2018.02.13
就職・転職事前対策・準備

外資系企業で働くには英語力は必須なのか?

外資系企業へ入社したい就活生も多くいます。

外資系企業への入社に英語力は必須なのでしょうか?

英語力が無くても外資系企業の選考に通るためのコツはあるのでしょうか?

1.日本支社として見る外資系企業

外資系企業というのは、文字通り、外国に本社がある企業です。

そのような企業が日本に支店として進出しているので日本にある外資系企業は「日本支社」ということになります。

当たり前のことですが、日本支社なので日本をマーケットの基盤として活動を行っています。

日本で活動を行っているので、当然ながら仕事では日本語を使う場合の方が多いです。

外資系企業の日本支社の顧客は誰か考えてみましょう。それは日本企業です。

日本の企業が顧客なので、日本語でも十分コミュニケーションが取れます。

そのため、英語力が必要な場面というのはそれほど多くありません。

では、英語力が必要な場合はどのようなケースがあるのでしょうか。

 

2.リーディングができたほうが有利

外資系企業で働く場合、会社のマニュアルや、教育教材などといった書類は英語で書かれてることが多いです。

入社したてに渡される書類などが全て英語で書かれていたなどというのもよくあることです。

また、外資系企業の強みとして、インターネットを使って海外などグローバルに事業を展開することができるということがあります。

その場合、海外から送られてくる資料等は当然英語で書かれているので、情報をしっかり理解するためにリーディングはできるようになっておいた方が良いです。

 

3.出世した場合は英語は必須

出世して、会社内での地位が上がってくると本社にプロジェクトの報告をする機会も増えてきます。

本社はもちろん海外にあるので、報告をする際には英語で話さなければ向こうの人には伝わりません。

なので、英語力が必須となってきます。

新人のうちはそこまで英語力が問われることはありませんが、出世していくにつれて英語力が必須になっていきます。

英語ができる人のほうが出世が早いということもよくあることです。

 

4.結局は、本社の方針次第

まだ、日本に進出してきて日が浅い企業だったり、日本のクライアントとのつながりがそんなに多くない会社は、社内の上司が外国人ばかりということが多い傾向があります。

外国人の上司には当然英語でなければコミュニケーションが取れず苦労します。

しかし、そのような場合には面接の時点で英語の試験があったり、募集要項に英語必須などと書かれていることがほとんどなのであまり心配することはありません。

英語面接が特に課されていない企業では英語ができないから不合格ということもまずないので、気にせずに受けても大丈夫です。

もちろん、英語力が無駄になることはないので、時間があるのであれば積極的に勉強しておくと将来必ず役に立ちます。

あわせて読みたい記事