2018.01.25
就職・転職事前対策・準備

面接時に「希望以外の職種へ配属されたらどうするか」と聞かれたらどんな返答がベスト?

就職活動をしていると、こんな質問をされることがあります。

「希望以外の職種への配属を言い渡された際、あなたならどうしますか?」

「希望以外の仕事を任されることになったら、どうしますか?」

日本企業においては一般的に総合職採用という方法でもって従業員を採用します。

これは様々な部署や職種を経験させるということが目的で、新卒の社員においては、はじめから希望の仕事につけるとはかぎりません。

そこで面接官はあなたに、「希望以外の職種に配属されたらどうしますか」と、質問をするのです。

では、そういった質問をされた時、どのように答えれば良いでしょう。それを例文とあわせて説明します。

1.なぜ質問をするのかを考える

総合職採用とは、様々な部署や職種を経験することが前提のものです。

希望の仕事ににこだわり過ぎると、他の仕事を任された時に、やる気をなくしてしまうことがあります。

そのため、面接官は就活生の柔軟性を知ろうとします。

成長をする人は、どのような環境であっても結果を出そうと努めます。つまり、もし希望以外の職種になったとしても頑張れるか、ということを確認したいのです。

2.どう返答をすれば良いか

まず、「第一希望は○○だが」という断りを入れた上で、どの仕事も頑張るという考えを示しましょう。

例:「組織に所属するうえで、希望以外の部署に配属されることもあると思います。ですが、新人にとっては、どのような仕事であっても成長に繋がる経験であると考えています。希望以外の仕事も、精力的にこなしていきたいです」

次に、希望以外の職種であっても、自身の目標に活かせるということを伝えましょう。

例:「希望職種のマーケティングには、お客様視点という考え方が必要です。仮に営業職についたとしたら、その際にはお客様の気持ちを学ぶことが出来ます。

このように、どの部署においても有益な経験を積んでいきたいです」

 

以上の2点を踏まえて例文を作ると、以下のようになります。

例:「未だ就労経験のない私にとってはどのような仕事も全て有益な経験であり、積極的に仕事に取り組んでいきたいと思います。

たとえば、営業ではお客様視点を学べますし、総務ではリソース管理について学べます。

どのような職種であっても積極的に仕事を学び、目標とする企画部に配属された際には、それまでに得た経験を役立てられる人材になりたいと考えております」

このような返答をすることで、おぼろげに「頑張ります」と言うだけよりも説得力が増し、面接官へのアピールになります。

まとめ

希望以外の職種へ配属されたらどうするか?という質問の意味を理解し、面接官にどのような返答するのがベストなのかを考えておくと、いざ質問が来た時に対応できると思いますので、どのように回答するかの、みなさんの回答を用意しておくことをおすすめします。

あわせて読みたい記事