2018.01.31
就職・転職事前対策・準備

エンジニアの方向け!失敗しない転職をするために知っておきたいこと

 

ITが進化しつづける昨今。エンジニアの方の転職相談も増加しています。

今回はエンジニアの方が転職に失敗しないために知っておくべきことをご紹介しています。

いくつかのポイントを知っておくことで有意義な転職を実現することができるでしょう。

転職したい?まず、自分の不満と向き合おう

一つの企業に定年まで働き続ける人生設計が難しい時代、エンジニアの方が次を考えるのは、どういう時でしょうか。

 

1)今、取り組んでいる仕事に将来性を感じない?キャリアにつながらない?

2)新しいことにチャレンジできない?

3)自分が評価されていない・大切にされていないと感じる?

 

代表的な不満をあげました。

転職を考えるということは、自分が置かれている環境に不満があるということです。

労力のかかる転職活動を始める前に、まずは自分に問いかけ、何が不満なのかを明確にしましょう。

一度冷静になって!転職で解消される不満なのかを見極める

 

本当に転職をしたいのか、一度冷静になって向き合ってみましょう。

エンジニア売り手市場であったり、転職が気軽になったりしていますが、履歴書に面接に次ぐ面接の転職活動を終えても

退職から就労までの各種手続きなど、転職に至る道のりはとても長いものです。

 

自分の抱いている不満がその労力によって解消されると信じて、転職を志すわけですが、不満の解消は何も転職だけが唯一の解決策というわけではありません。

不満の種類別に見ていきましょう。

 

(1)今、取り組んでいる仕事に将来性がない・キャリアにつながらないと感じる方。

転職活動の前に、人事や上司に相談し、自身がどうなりたいかのキャリアプランと現状の仕事がマッチしていないことを説明し、社内異動をお願いしてみた方がいいでしょう。

異動は、労力をかけずにできるプチ転職です。

将来性がある仕事に回してもらえるのが一番いいですが、とにかく他の仕事に取り組んでみましょう。

希望に沿う異動でなかったとしても、これまでの仕事を客観的に見ることができますし、専門分野を伸ばすだけでなく、組織で人がどう動いているかなどの見識を深めることもよいでしょう。実際、長期に人材育成を考え「いろんな経験をしてもらいたい」とジョブローテーションをさせる企業は多くあります。

人事や上司とよく話をし、くれぐれも自身のキャリアを見失わないように気をつけましょう。

 

お願いに対して会社から何も働きかけがないなら、自分のキャリアに合った転職活動を始めることをお勧めします。

(2)新しいことにチャレンジできない方。

そもそも、なぜ新しいことにチャレンジできないのか、その要因を突き止めましょう。

よくあるものとしては社風、あるいは周囲の無理解でしょうか。

大きな企業、大きなプロジェクトほど、他のシステムやバージョンの互換性、コストなどの問題から、新しい技術を積極的に取り入れるより

実績のあるノウハウ・手段で進めようとするケースが見られます。

新しいことをリスクと捉えてしまう周囲の無理解の積み重ねが社風となり、説得したり変えたりするのは大変です。

 

また、この不満の場合、残念ながら、転職しても成功したと実感できる可能性は低いでしょう。

大なり小なり組織には、独自のノウハウがあり、それを守ることが求められるからです。

 

もし、その他の待遇には不満がないのであれば、今の仕事を賃金を得るための手段として割り切ってしまうのもいいでしょう。

終身雇用制が崩れつつある今、副業やワークシェア、専門家ボランティアについて規則を緩める企業は多くなることが予想されます。

「新しいことは他でやる!」という決めることで、不満を解消できます。

また、それらの活動の人脈で転職に結びつくこともあるでしょう。

 

あるいは、独立心を持って起業するのも一つの手です。自分自身でチャレンジをする場すらも作ってしまう発想もいいでしょう。

(3)自分が評価されていない・大切にされていないと感じる方。

自分が評価されていない・大切にされていないという思いは、給与や労働条件などの待遇、人間関係、職場環境についての総合的な不満によるものです。

この不満は「誰か・何かと比較して生まれている」という点が重要です。

 

「給与が高いところに行こう!福利厚生とかの条件は同じだし」と転職しても、つい、前の職場と比較して新しく不満が生まれます。

今まで比較できなかった要素を多く認識できるようになるからです。

 

特にエンジニアの場合、一口に同じ仕事内容でも、企業によってアプローチは多種多様で、即戦力を期待されていたのに転職直後は全くついていけない、ということは珍しくありません。

常識だと思っていたことがそこでは非常識で、戸惑うこともあるでしょう。

もちろん、転職を何度か繰り返せば、不満との折り合いの付け方は慣れてくるでしょう。

譲れない条件や、自分が尊重されていると感じる条件をはっきりと見定められるようになるかと思いますが、何回も転職活動を繰り返すのは非常に大変です。

要は、客観的な視点が養われればいいのです。

他社で働く友人、知人から話を聞いて、自分の職場環境を評価してみましょう。

一番いいのは、転職先の社員と友人関係になって、話を聞くことです。または、転職先の人事担当に、話ができる人を紹介してもらうのもいいでしょう。

企業は人です。直接、話すことで見えてくるものがあるはずです。

 

それでも転職する?成功のための「ゴール」を見極める

それでも転職をしよう!と思ったら、ゴールを決めましょう。

 

例えば、ダイエット。

ダイエットに成功!という場合、「3ヶ月で5キロ痩せる」という目標を立て、それを実現した場合に成功と言われます。

ですが、1ヶ月後にリバウンドして、また体重が戻っていたら、それは成功とはとても言えません。

 

ここでいう成功は、体重をキープした上で、健康も保ち続けられる生活を送っていることです。

つまり、ダイエットのゴールとは「太りにくい健康的なライフスタイルを確立すること」と言えるでしょう。

目標とゴールは違うのです。

 

転職にも同じことが言えます。

ミスマッチで職場を転々とする方は、目標とゴールと信じ込んで、ダイエットとリバウンドを繰り返しているのと同じです。

「高い給与をもらう」「労働時間を短くする」などの目先の目標にとらわれず、あなたのキャリア指向に合った継続可能な労働環境を見つけましょう。

同じ業界の友人・知人に話を聞いたり、業界セミナーやイベントに参加したり、情報収集をしておくと、自分自身のゴールを見極めやすくなるでしょう。

 

転職活動をしよう!求人情報は話半分でOK?

前にも書きましたが、求人情報は話半分に考えましょう。

求人していたのは○○というポストだったのに、実際の仕事は△△だった、というケースはよくあります。

組織内では、より人手が足りない方に、より重要な方に人員配置が行われるので、転職直後に抗議することは難しいでしょう。

 

福利厚生も同様です。

制度はあっても、実際には使われていない等のケースは珍しくありません。

ここでも一番信用できるのは、信頼できる筋からの口コミです。

できる限り、転職先の人と話せるチャンスを作りましょう。

 

転職の面接は、闇雲に自分を売り込む場ではありません。

これまでやってきたことを説明し、これからやっていきたいことをプレゼンテーションする場と考えましょう。

プレゼンターの今までの経歴や人間性は、その提案を裏付けする材料にすぎません。

提案の説得力が弱いと思うなら資格をとるなどスキルアップしましょう。

内定は、その提案の採用です。内定にまで至らなかったとして、それは提案が企業の求めるものと違ったからというだけです。

転職は、自分のキャリアを見直すチャンス。

一日の大半を費やす仕事を見つける大切な活動です。

自分の中の不満と向き合い、しっかり情報収集し、ゴールを定めた活動をしましょう。

 

あわせて読みたい記事