2018.08.28
就職・転職事前対策・準備

40代女性の転職は何が厳しい?40代で新しい仕事にチャレンジするために準備すべきこと!

40代の働く女性の多くは、ある程度のキャリアもあり生活も安定しているという方が多いのでは無いでしょうか?

しかし、安定しているからこそ、このままでいいのかな?という漠然とした不安を抱かれる方も少なくないのではないでしょうか?また、子育ても一段落し、社会復帰を検討しているという方もいらっしゃることでしょう。

世間では、35歳を過ぎると転職が難しくなると言われることが多いですが、40代女性が転職によって新しい仕事にチャレンジするためには、何をすればよいのでしょうか?

40代女性が転職のために準備すべきことや、活躍できる転職市場などについてご紹介したいと思います。

1.40代女性の転職は何が厳しい?

40代に限らず、年齢が高くなれば高くなるほど転職が難しくなると言われています。

年齢が高くなることにより転職が難しくなる理由には以下のようなことが考えられます。

求人数の減少と即戦力採用

20代よりも40代の方が、基本的には給与は高く設定されていることが多いですよね。

給与が高く設定される理由は、20代と比較して40代の方が高いスキルを持っているからということになります。そのため、企業は、教育の必要のない即戦力の採用を希望しています。企業が求める即戦力と求職者のスキルがマッチしないと転職は難しくなります。

20代よりも40代の方が、スキルによって判断されることが多くなるため、未経験業種よりも同業種での転職の方が成功率は高くなり、結果的に転職先の範囲が狭くなります。

企業が35歳以上の転職者に求めるものでは、専門性がもっとも高いというデータがあります。ある程度の年齢での転職はそれなりのスキルが求められるという点が転職が厳しいと言われる大きな理由となります。

2.40代女性が転職するために準備すべきこと

しかし、世の中には40代でも転職に成功している方はたくさんいます。では、40代女性が転職で成功するためにはどんな準備をすればよいのでしょうか?

(1)自身の強みを見つけるための自己分析

今までの経験と自分の特徴から強みを見つけよう

まずは、自己分析をしっかり行い、ご自身の強みを把握することが大切です。

自己分析を行うには、まず「今までの経験」「自分の特徴」を箇条書きで出してみましょう。箇条書きで出した「今までの経験」と「自分の特徴」から、ご自身の強みを見つけていきます。

次に、「自分にできること」「これからやりたいこと」を書き出します。ここまで出来たら、あとは色々な組み合わせを考えていきましょう。

「これからやりたいこと」の中で、「強み」と「自分にできること」はどのようなことがあるかを考えて見てください。

自己分析をしっかりと行い、自分と向きあうことで、以下(2)(3)にも繋げることが出来ます。

(2)企業の社風の把握し相性の良い企業を見つける

企業の社風がご自身に合っていないと、入社してから「思っていた感じと違う」「こんなはずではなかった!」となりかねません。

(1)の自己分析で、ご自身の特徴をしっかりと把握しておけば、どのような環境で自分の力を発揮できるかがわかるようになります。

例えば、ある程度は自分で判断して仕事をしたいと思っている方が、決められてことを決められた通りにやる仕事に付けば、思っていたことと違うということになりますよね。

企業の社風が入社前に企業サイトの確認や、口コミなどを参考にしてみるなど、志望企業の下調べもしっかりとしておきましょう。

ある程度、社会人としてオトナとして経験を積んできたらからこそ感じられる企業の特徴が見えてくると思います。

企業サイト、企業ページ、口コミから企業の雰囲気をつかもう

(3)履歴書等の書類の完成度を高める

応募にあたり、履歴書や職務経歴書などの書類の準備をする必要があります。職種によっては過去の実績を示すためのポートフォリオなどが必要になることもあるでしょう。

40代の転職では、これらの書類の完成度も重要なポイントになります。正しく丁寧に完成度の高い書類を作成しましょう。

ここでも、自己分析の内容をしっかりと活かして下さいね。しっかりと自分と向き合っていれば、強みを上手にアピールした志望動機などが書けます!

(4)面接力もアピールポイントに

面接は履歴書や職務経歴書の内容を元に進められます。書類関係を丁寧に作成していればそこに書いた内容をうまく説明すれば良いのです。文章を作成する際に、書ききれないことなどは、言葉で補足できるように自己分析シートに書いておきましょう。

また、面接時は40代の自分にしっかりとマッチしたスーツを選んでください。

普段からスーツでお仕事をされている方であれば問題ありませんが、スーツでお仕事をされていない場合、昔のスーツを着ていくということもあると思いますが、体型が変わっているなどの変化があることもあります。事前に試着をして、あまりにも合っていないと感じる場合には、新たなスーツを準備しましょう。面接は第一印象が大切です!

3.40代女性が活躍できる転職市場は

◯ 事務職(会計や経理等)

事務職は、PCでの入力スキルが高い(スピードが早い、正確など)人であれば、活躍できる業種です。現職が経理などという方であれば、使える会計ソフトなどの種類もまとめてアピールするようにしましょう。

◯ 保険会社などの営業職

企業に保険商品を営業する生保レディなどは、女性が活躍する市場と言えます。

営業職なのでコミュニケーションスキルが高いことが望まれます。様々な経験を積んできた女性ならではの視点で、お客様のライフスタイルに合わせた提案ができるなど強みを活かすことが出来ます。

◯ セレモニー会場などの接客業

冠婚葬祭を執り行うセレモニー会場でのお仕事も、気配りが上手な女性にオススメです。また、過去に接客業での経験があれば、セレモニー会場での接客が未経験でも採用に繋がりやすいと言えます。

◯ 介護職

介護職は人材不足と言われる分野であり、今後も需要が高まる事業であることから求人数が多いという特徴があります。

ただし、体力に自身がないという方にはオススメできない業種です。介護職への転職を検討されている方は、「介護職員初任者研修」を取得しておくと転職が有利になります。特に、正社員採用を希望される方であれば、介護職員初任者研修を取得しておきましょう。

4.転職エージェントを活用して新しい仕事をみつけよう

40代での転職活動は、ご自身で行うことも可能ですが転職エージェントを活用することをオススメします。

転職エージェントをオススメする理由は、以下の4つです。

転職エージェントをオススメする理由

転職を成功させるためには、第三者の客観的な意見を聞くということで、今まではとは違う 視点で考えることが出来ます。自分では強みと感じていないことも、エージェントから見るとこういう点で活かせるのでは?と意見をもらうことが出来ます。

一人で悩むよりも、エージェントと二人三脚で新たな仕事を見つけましょう。

まとめ

人生100歳時代と言われる現代では、40代はまだまだ若いです。いろいろな経験を経て、新たな自分と向きあうタイミングとも言えるのではないでしょうか?

転職を検討する際には、大前提として、ご自身が何を重視したいのかを考えてくださいね。

仕事をもっと頑張りたいと思うのか、プライベートをもっと大切にしたいと思うのか、まずはその判断を冷静に行い、そのうえで、現職を続けるべきか、新たな職場に転職すべきかを検討していきましょう。人生は1度きりです。あなたが輝けるようにしっかりと自分と向き合ってくださいね。

あわせて読みたい記事