2018.08.31
就職・転職事前対策・準備

30代女性の転職|30代女性は色々悩むのです!30代女性の転職で企業が求める事は何?

30代は人生において考えることが多くなる年代ですよね。このまま今の会社で働き続けたとして、将来はどうなるのかな?キャリアアップは出来るのかな?結婚を考えているし、子供もほしいけど・・・。などなど、仕事でもプライベートでも色々考えるお年頃です。

そして、転職するなら30代までなんて言われる女性の転職年齢限界説なども相まって、転職した方がいいかな?という悩みまで加わってしまうことも・・・・

この記事を読んで下さっている方の中にも、色々悩んだ結果、転職を考えている!という方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は、30代女性の転職について、企業が求める事や転職の際の注意点などをまとめてご紹介します。

1.転職したいと思う理由はなんですか?

転職を希望する理由が曖昧なままだと、転職後の後悔に繋がることがあります。

まずは、転職したいと考えている理由を書き出してみましょう。

転職したいと思う理由を書き出してみましょう

そして、今の会社で改善できるか出来ないかを考えてみます。こうして、ひとつずつ向き合って考えることで、転職すべきかどうかを正しく判断できるようになります。

その悩みは今の会社で改善することは出来る?出来ない?

また、近々、結婚や出産を考えているという場合には転職はしない方が良いでしょう。

採用企業からすれば、教育期間を経て一人前として仕事をしてもらえるようになる頃に産休や育休に入られてしまう可能性があると、採用を躊躇します。そのため、1~2年以内に結婚・出産を考えているという場合には、現在の職場でそのまま継続することをオススメします。

2.30代女性の転職で企業が求めることは何?

企業が転職者に求めている事は、年代に関わらず「会社への貢献度」です。求職者が持っているスキルがどのように自社に活かされるかを判断しています。30代女性の転職の場合には、以下の点がポイントとなります。

(1)30代は即戦力がポイント

最初にお話したように、30代女性には「結婚・出産・子育て」というライフイベントがついてきます。(30代に限らず女性には必ずついてくる事ですが・・・)このライフイベントは計画的に進めていたとしても、その通りにはなりませんよね。そのため、採用企業側からすると求職者がどれくらい会社で働いてくれるかが見えづらいという特徴があります。

となると、教育期間を設けずに即戦力として働いてくれる人の方が採用しやすくなります。

30代の女性が転職を考える際には、「即戦力」として活かせる武器は何があるかを考えておくことで、企業にアピールすることが出来ます。

即戦力として戦える武器を明確に

(2)働き方が明確になっているかがポイント

これは、「仕事をバリバリやりたい」と考えているのか「プライベートを大切にしたい」と考えているのかを明確にするというイメージです。

もちろん、どちらも大切にしたいということは大切ですが、実際にはどちらもというのは難しいです。仕事を中心にした生活となれば、プライベートの時間が削られる可能性は十分にあります。

プライベートを大切にしたいとなれば、残業のない仕事などが中心になります。自分が将来、仕事をどのような位置にしたいのかを明確にすることで、今の自分にとってどのような働き方がベストなのか判断することが出来ます。

採用企業はその人がどのような働き方をしたいと思っているかを把握することで、自社でどう活用できるかを考えます。自分の働き方を明確にしていないと、採用後に、自分が思っていたことと違うという事態になりかねません。採用企業側からしても、面接で言っていたことと違う・・・と思ってしまいますよね。

入社後に後悔しないように、自分の働き方は明確にしておき、それをきちんと面接で伝えられるようにしましょう。

仕事?プライベート?働き方も明確にしておきましょう

3.30代女性が転職をする際に抑えておきたい2つのポイント

30代の女性の転職では以下の2つのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

ポイント1:雇用形態までしっかり考えて!

雇用形態は何が良い?

女性の転職では、正社員よりも契約社員や派遣社員の方が求人数が多いという事からとりあえず、契約社員や派遣社員でも良いかと思ってしまう方も多いです。

本当にやりたい仕事が契約社員や派遣社員での採用しかしていないという場合は良いですが、しっかりと考えずに雇用形態を決めてしまうと、後々後悔する可能性が高いです。

「ダメならまた転職すれば良い」という考えはNGです。年齢が上がれば、求められるものも増え、求人数も少なくなります。

将来の事を見据えた雇用形態を選択するようにしましょう。

ポイント2:条件はなるべく絞る

今より良い条件で働きたいという気持ちはもちろんわかります。しかし、その結果、条件をたくさん出してしまうと、求人数が減ってしまいます。

転職を考えている場合には、希望条件をすべて出し、その中で絶対に譲れない条件は何かを考えてみると良いでしょう。それ以外はある程度妥協することも大切です。

ちなみに、今よりも高い給与で働きたい!という希望をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、30代女性で転職後に給与が上がったという人は40%程度というデータがあります。

つまり、転職によって給与が上がるというケースはあまりないと考えておいた方が良いでしょう。

4.転職は年齢で考えるよりもタイミングが大切です!

女性の社会進出も当たり前となり、キャリアアップを望む女性が増えている傾向にあるということから、一昔前よりも30代女性の求人数は増えています。

企業が30代女性に求めることは、誰でも出来る簡単な仕事をこなす人材ではありません。その結果、30代女性の転職は難しいと言われてしまいます。

しかし、確実に色々な経験を積んでいる30代だからこそ、自分が培ったキャリアを活かす事ができるはずです。

転職を検討する際には、若い内に転職した方が良い!と年齢に囚われず、自分のスキルやこれから先のキャリア形成などを理解し、今が最も転職に最適なタイミングだ!と思うタイミングで転職することも大切です。

まとめ

実は、私も36歳で転職しました。年齢の不安はもちろんありましたが、今までの経験を新たな職場でどう活かすかを考えていたので、意外とスムーズに次の仕事が決まりました。そして、現在に至っています。

30代での転職では仕事とプライベートの比率が本当にネックです。一人だったらガンガン仕事したいのにと思うこともあります。どちらに比重を置くかしっかりと考えてくださいね。ちなみに、私は初めてエージェントさんに転職サポートをしてもらいましたが、おかげで重視したいことが何かを見極めることが出来ました。

もし、転職に悩んだらプロに相談することも大切です。第三者ならではの目線で意外な答えを導いてくれますよ。みなさんの転職が成功に繋がることを願っています。

あわせて読みたい記事