2018.11.11
履歴書・エントリーシート

『インターンに参加したい!』想いが伝わる!エントリーシートの志望動機の書き方

インターンのエントリーシートでも、必ず課せられる『志望動機』。インターンは自身が興味を持っている業界・職種を実際に体験できる貴重な機会だからこそ、しっかりと志望動機を書いて選考に通りたいですよね。そこで今回は、『インターンに参加したい!』という想いが伝わる志望動機の書き方について紹介します!

1.【事前準備】志望動機を書く前に!!

志望動機を書く前というよりも、エントリーシートの作成に入る前に事前準備として情報の整理をしておくことが大切です。ここでは3つのポイントをご紹介します。

自分インタビューをしよう!!

「インターンシップに参加したい」と思ったのには、必ず理由があります。「将来○○になりたい」という明確な目標がある場合は、『どうして○○に関する業界・職種に興味持つようになったのか』『○○に興味持つキッカケとなった経験・体験はなにか』を深く自分自身に問いかけましょう。

また、「自分が何をやりたいと思っているかを見つけるため」にインターンシップに参加したいと思っているという場合には、

やりたいことを見つけるためにインターンに参加する際のポイント

を深く自分自身に問いかけてみましょう。

業界・企業についてのイメージの整理と調査

業界や企業の調査はインターンシップに参加する場合もしっかりと行う必要がありますが、調査を行う前に、自分が感じる業界や企業に対するイメージを書き出して整理しましょう。

書き出して整理してから、業界や企業の調査を行い、自分のイメージを照らし合わせます。そうすると「イメージ通りだった」「イメージとは違っていた」を意外な発見があるかもしれません。

このようにすることで、インターンに参加した時の「思っていたのと違う・・・・」というショックが少なくなります。また、希望する業界の将来・関連する業界、希望する企業の関連企業・ライバル企業についても調べておきましょう。

インターンシップについて調べる

希望するインターンシップが見つかったら、インターンシップの内容についてもよく調べましょう。一つの企業で、複数の・内容の違うインターンシップを開催する事もあります。

インターンシップを調べる際のポイント

また、同じ業界・似たような企業のインターンシップと比較しましょう。そうすることで、改めて希望するインターンシップに魅力を感じたところが見つけやすくなります。

2.志望動機の書き方

『1.志望動機を書く前に』で自身・業界・企業・インターンシップについて整理・調べ終えたら、それらと以下のポイントを参考に志望動機を書いてみましょう。

以下のポイントをおさえておく事で、想いの伝わる、分かりやすい文章になります。

(1)インターンに参加したい理由を、簡潔に書く

「私は〇〇と考え、○○業界について学ぶために貴社のインターンシップ参加を志望します。」

(2)その業界・職種に興味を持ったきっかけ(将来やりたい事・過去の経験を混ぜながら)

「私は学生時代に、~という経験しました。そこで~ということを経験し、○○に興味を持つようになりました。」

(3)インターンのどこに魅力を感じたのか

「貴社のインターンシップを通じて、~○○が出来る事に魅力を感じ応募しました。」

(4)インターンではどんなことを学びたい・経験したいのか・どんな活躍をしたいのか

「インターンシップを通じて、この業界の~について学びたいと思っています。」

「インターンシップに参加させていただけることになった際には、自分の〇〇な部分を活かし、~に貢献したいと考えています。」

【ポイントをおさえた例文】

私は将来、旅行を通じて地域活性化に貢献したいと考え、旅行業界について学ぶために貴社のインターンシップ参加を志望します(1)。

私は学生時代に、国内旅行サークルに所属しました。国内旅行サークルで私は、ガイドブックに載っている観光名所だけでなく、地元の方から聞いた隠れた名所も合わせて150ヵ所程訪れました。そこで、隠れた名所の魅力も多くの人に向けて発信することにより、地域活性化に貢献できるのではないかと考えました(2)。

貴社のインターンシップではグループワークで国内旅行ツアーの企画作成・営業体験ができることを知り、魅力を感じ応募しました(3)。

インターンシップに参加できる機会を頂けた際は、その場所の魅力を最大限に伝わるツアーの企画・営業の仕方について学びたいと考えています(4)。

3.興味がある業界や企業には積極的にインターンに参加すべき?

興味がある業界や企業がインターンシップの募集をしている場合、参加してみることは悪いことではありません。

ただし「採用が有利になるかもしれない」という点は、一概には言えないため、実際の自分の持っている業界や企業のイメージとどの程度ギャップがあるかを確認するというスタンスで申し込むくらいの気持ちが良いのではないでしょうか?

また、社会人になってから転職を繰り返すことが無いように、興味のある業界を体験しておくというのは、ゆくゆく自分にとってプラスになると思います。

もし、採用に有利になるためにインターンに参加したいと考えている場合は、採用に直接つながるインターンシップを実施しているところを選ぶようにしましょう。

まとめ

志望動機は、書く前の準備と文章の書き方のポイントをおさえることで一層書きやすくなります。エントリーシート作成を含めたインターンでの体験は、少し大変ですが、必ず就職活動に役立ちます!悔いなく就職活動ができるように、まずはインターンに積極的に挑戦しましょう!

あわせて読みたい記事