2019.07.06
自己分析

「ネームバリューあるから」はダメ!後悔しない企業選びのポイント

「ネームバリューあるから」はダメ!後悔しない企業選びのポイント

皆さんは、どのように入社したい企業を選んでいますか?

家から近いから」「やっぱり大企業とかネームバリューで選んでいる」「っと好きだった先輩が、その企業に入社したから

という方もいるかと思います。

しかし、そのような選び方で企業を選ぶと、将来後悔してしまうかもしれません!!

今回は、企業選びのポイントについて解説します!

1.企業選びを始めるその前に・・・

(1)自己分析


企業選びだけでなく、就活をしていくうえで欠かせないのが自己分析!
特に自己分析では、
・好きなこと&嫌いなこと(自分の得意なこと&不得意なこと)
・過去・現在で頑張ってきたこと&楽しかったこと&印象的だった出来事
・将来どんな生活を送りたいか&どんなことをやりたいか(仕事・プライベート)
これらを「なんでそう思ったのか?」「どうしてそのような行動をしたのか?」など5W1H(Who・When・Where・What・Why・How)で深堀して、しっかり把握すると、企業選びがしやすくなります!

(2)業界研究


企業選びをする上では、業界研究も欠かすことが出来ません。
業界研究では、主に以下のことをすると良いです!

①業界の全体像を広く浅く把握する

業界の規模や他業界との関係、業界を代表する企業とそのシェアの割合を把握しましょう

②業界の特徴・内情を調べる

業界が取り扱っている商品サービス・顧客・現在抱えている課題・将来性なども調べましょう
「企業選びする前なのに、自己分析・業界研究とかやること多すぎるよ!!」という就活生の声が聞こえてきそうですが、実はこれらは企業選びをする上で大切な材料となります。

2.企業選びのポイント

(1)自己分析・業界研究の結果から考える

自己分析・業界研究をしていくと、「こんなことをして働きたい」が見えやすくなります!
例えば
・英語を頑張って勉強したから、海外でも働ける機会が欲しい
・大学でロボット工学を専門的に学んでいたから、その知識・専門性を活かしたい
・いろんなことにチャレンジしたいから、新人のころから様々な仕事に関われる機会が欲しい
・将来結婚して子供も産みたいから、出産育児の制度も整っていてほしい
などが1つでも思い浮かぶのではないでしょうか?
この「こんなことをして働きたい」を持っておくことで、それにあった企業が絞られて見つけやすくなります!

(2)企業に実際に触れる

こんなことをして働きたい」だけでは、十分な企業選びをすることができません。
企業を選ぶうえで大事なのは、「その企業の雰囲気と自身が合いそうかどうか」です。
そのために、積極的に合同企業説明会や各企業の説明会&OB・OG訪問に参加しましょう!
合同企業説明会は、一度に多くの企業を見る・知ることが出来るチャンスです。そこで気になった企業をいくつか回ってみると、自身がどんな企業に魅力を感じているのかが分かりやすくなります。

また、それほど気にならなかった業界にいる企業の説明を聞くことにより、「今まで自分が持っていたイメージとは違った!」といった発見があるかもしれません。

合同企業説明会は自身の企業選びの基準を明確に見直す機会にもなるので、積極的に参加することをオススメします!

また各企業独自で行う説明会やOBOG訪問は、実際にその企業で働いている方々と話せるチャンスがあります。

そのような方と話す中で会社の雰囲気を感じ取ることもでき、さらに会社のことだけでなく働き方(一日の仕事の流れ・やりがい・プライベートとの両立など)についても質問すると、『実際に自分がこの企業で働いたら、どうなるのか』がイメージしやすくなりますよ!

3.企業選びをする上での注意

(1)企業の調べ方を1つだけにしない

何かを調べるとなると、インターネットを使って調べる人が多いと思います。確かにインターネットは手軽に情報を調べることが出来ます。

しかし、インターネットは自分の興味あるものばかりを表示する傾向があるので、見落としてしまいがちな情報も多いです。

またインターネットには不確実な情報も紛れ込んでいる恐れもあります。それらのインターネットのデメリットをカバーするためにも、

就活関係の本やセミナー、大学の就職課なども活用しましょう!

(2)条件を厳しくしすぎない

企業を選ぶためには、「こんなことをして働きたい」といった条件を持つと良いと説明しました。

しかし、その条件を持ちすぎてしまい「この企業は全ての条件に当てはまらないからダメ!」というようにしてしまうと、企業の選択肢を狭めすぎてしまいます。

条件が複数ある場合は、特に外せない条件を3つ決めて

残りの条件を『あればなお良い!』と加点ポイントして扱うとようでしょう。

4.『こんなはずじゃなかった』にならないために

せっかく会社に入社したのにもかかわらず、短い期間で退社してしまう新入社員が多くいます。

「こんなことを仕事でやりたかったのに、実際会社でやっていることが違っていた」というのが理由の一つとして挙げられています。

このように「こんなはずじゃなかった・・・」にならないためにも、企業選びはしっかりやっておく必要があります。ついなんとなくやりがちな企業選び、この記事をきっかけにやる・見直していただけたら幸いです!

あわせて読みたい記事